メニュー) 何を選んでいいか分からない

「美容室の予約の時に、何のメニューを選んでいいか分からない!?」って、よく耳にします。

こんにちは、Yasuマネこと、マネージャーのYasuです。

今回は、そんなお悩みを解決しようと、新しいメニューを作りました!

メニューで予約を頂くのではなく、お時間でご予約頂く。

こんな感じです⤵️

ご予約はこちらから

カウンセリング時で、お悩みや、なりたい髪をお伺いし、お客様に合わせたオーダーメイドでメニューを僕が決めて行く。

もちろん、何を行うかは、分かりやすくプレゼンさせて頂きます。

例えば、4時間でご予約を頂いた場合。

例その一 (4時間)

「大人のヘアカット+白髪ぼかしのハイライトをしてオンカラー+TOKIOトリートメント」

カラーは、細かくハイライトを表面に20枚くらいフォイルで包み、必要であればフォイルで包んでいない部分のカラーを入れたり、根元のリタッチを染めたりし

シャンプー後に、さらにトナーを行います。ハイライト部分に、アッシュやベージュなどの色味を入れて、黄色みを飛ばす作業を「オンカラー」「トナー」とも言います。

カラーの作業行程が、

「塗布→放置→シャンプー」を2回行うので、時間がかかってしまいます。

さらに、そこからステップ式のトリートメント(熟成型や酸熱以外のトリートメント以外)では最高峰 のトリートメントを加えて、ハイライトのダメージを補います。

例その二 (4時間)

「大人のヘアカット+弱酸性デジパー+ストレート (ストカール)+3ステップトリートメント」

癖毛でお悩みの方で多いのが、パーマをかけても癖毛とパーマの両方のウェーブで広がりまとまらないし、なんならストレートパーマをかけたいけど、まっすぐ過ぎて面白くない。

昔のデジタルパーマは、強アルカリの強い薬剤を使用していたため、ゴワゴワになって扱いにくかったですけど、今は弱酸性の薬剤が出てきて、髪を膨張させないでウェーブをつけれるようになったので、広がる髪質にはオススメな最新のパーマです。

トップには弱酸性の薬剤でストレートを、毛先にはウェーブを、同時進行で進めて、最後に3Stepのトリートメントで、4時間程度の施術となります。

例その三 (3時間)

「大人のカット+リタッチ+熟成トリートメント(ヘアマゼラン)」

リタッチを続けて行くと、髪が痩せ細ってツヤやコシがなくなってきます。

リタッチをしながら、最高級の熟成型ヘアマゼランを組み合わせて、根元はリタッチカラー、毛先はヘアマゼラントリートメント。

かなりお得なメニューとなっています。

Q&A

  • メニューの組み合わせが、料金を超えた場合はどうなりますか?
    • 時間内に終われば、クーポン表示の料金しか頂きません。但し、指名料が発生しますのでご注意下さい。
  • 合計メニューの金額が、クーポンの金額より安くなった場合はどうなりますか?
    • 例えば3時間のクーポンご利用で、カットのみになった場合、カットの料金しか頂きません。但し、カットの料金は定価+指名料となりますのでご理解頂ければと思います。
    • カウンセリングで、クーポンより安くなったメニューになった場合は、安くなった方の料金を頂いています。
  • 指名料はどうなっていますか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。